BaMeHya

趣味ベースのログ。映画とか読書とか音楽とか。

フリーマーケットで学んだビジネスで大切な3つのこと

f:id:viva100s:20121014213813j:plain

今日は朝からフリーマーケットで販売のお手伝い。自分が仕入れたiPhoneケースも店頭に並んでいるので、売れるといいなーなどと思いながら、炎天下の中10時~15時までお手伝い。

物を仕入れて、売る。
そんな単純な行為こそが商売(ビジネス)の基本だと思う。

お客様の財布からお金を出してもらい、こちら側の商品と交換する。この単純なやり取りを、小さい頃から学べた子供は、幸せだと思う。そしてその喜びや快感を小さい頃に得ることができた人は、きっと商売のうまい人間になるんじゃないかな。

どんなお店が流行っているのか。どういう人が、どんな商品に興味を示すのか。そういったことを観察していると面白い。男性、女声、若者、老夫婦、子連れの若い夫婦、カップル、通りすぎていく人々は様々だけど、共通した心理的な何かがあるんじゃないかと思う。

かれこれ何回かフリーマーケットの手伝いをしているけど、大切だと感じることは以下の3つ。

1.人の流れ

どんなに良い物を売っていても、人が通らなければ、売れない。
魚のいない川で糸を垂らしても、魚は連れません。

2.商品力

魅力のない商品は、どれだけ安くしても売れない。
閉店間近に半額セールをしている店もあるけど、売れてることは少ない。
逆にニッチでも、差別化できているもの(珍しいもの)は、買う人が一定数はいる。

3.仕入れ(目利き)

仕入れのタイミング、仕入れの価格、を見極める力のことが大切。
仕入れ(目利き)の段階で、ある程度勝負はついている。

ともあれ、商売・ビジネスの基本は人間。
人間が欲しいと思うものやサービスを提供し、その対価としてお金を得る。

そんなシンプルな法則を再確認できた一日でした。